MAU~NET
調教は、短距離戦=「栗・坂路」、長距離=「栗・CW」の内容重視!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイレベル 神戸新聞杯 データ
毎年の勝ち馬を見てみると そのメンバーはそうそうたるもの。
キンカメ、ディープインパクト、スカイ、ドリームジャーニーなど その勝ち馬は のちのG1勝ちを約束されたようなレースになっている。

今年の登録馬の中にもそんな馬がいるのか・・・? 格の違いで1着馬を選んでもいいレースだと思う。

阪神2400m このレースの傾向から まずは差し馬優勢と見ていい。
そして大事なのは、ダービー出走という格!

驚く傾向としては、10年間のうち8回も 武騎手が3着以内に入っているという点が上げられる。

現段階の登録馬は


アプレザンレーヴ
アントニオバローズ
アンライバルド
イコピコ  
シェーンヴァルト
ジャミール  
セイウンワンダー  
トップカミング  
トップゾーン  
トモロポケット  
トライアンフマーチ  
バアゼルリバー 
リーチザクラウン  
レッドシャガーラ  
ワシャモノタリン

特に注目は 武騎手騎乗のリーチザクラウンが どのくらい成長したか!?でしょうね。
穴では、人気が意外と出そうにない アントニオバローズだと思います。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MAU~NET all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。